全国不動産情報

田舎暮らしをはじめる

いざ田舎暮らしの準備を始めようとしても、何から手を付けていいのかわからない。 そんなときに役立つノウハウ、お教えします。

1.どういったスタイルの田舎暮らしをしたいのか明確に考えましょう。
どういった暮らしをしたいかによって暮らす地域も環境も、探す物件も変わってきます。
まずはこれから先のライフプランを想像しながらじっくり練りましょう。
最近では田舎暮らし専門の雑誌などもあるので参考にするのも一つの手でしょう。
色々なメディアから情報収集をすれば、驚くような素敵な田舎暮らしを発見できるかもしれませんよ。
2.場所の見当をつけましょう
田舎暮らしのライフプランが決まったら、それに適した気候・風土の地域のおおまかな見当をつけましょう。
温暖な気候か、寒冷な気候か、海か山か、物件を探す前に、大まかにめぼしを付けておきましょう。
特に気候や風土はその土地の特徴であり、絶対的なものなので慎重に比較検討することをおすすめします。
3.重要な資金計画
物件購入費だけでなく生活費、引越し費用や、生活の準備の初期費用などもしっかりと見積もっておきましょう。
家具などは買うのではなく後に自作するのもまた田舎暮らしの醍醐味として楽しめるのでは?
また、田舎暮らしには車は必須です。
お持ちでない場合は車も視野に入れておかないといけないですね。
抑えられるところは抑えて、自作できるものは自作したり楽しみながらプランを立てましょう。
4.田舎不動産の情報収集
情報誌や不動産会社で田舎物件の情報を集めましょう。
田舎物件専門の不動産会社も最近ではありますし、住みたい地域の不動産屋さんに掘り出し物件を探すのもいいでしょう。
物件をお探しの際は物件価格のほかに、登記費用や手数料など諸費用も必要ですのでお忘れなく。
5.田舎からの誘致情報に注目
全国各地の誘致事業の情報を集めましょう。
各市町村では「ふるさと体験ツアー」なるものを開催しているところもあり、参加してみるのも一つの方法でしょう。
百聞は一見にしかず、実際に体験できるのなら体験しておいて損はないでしょう。
6.いよいよ物件の下見です
コレと思った物件はまず下見をしましょう。
物件を見ないで契約することのないように。
せっかくの理想の田舎暮らし、焦らずじっくり考えましょう。
田舎はどこにも逃げませんよ。
7.物件決定!
物件が決まりました。
引越し準備などしっかり行いましょう。
いよいよ憧れの田舎暮らしの始まりです。