全国不動産情報

田舎暮らし講座

ようこそ「田舎暮らし」講座へ。
ここでは田舎暮らしをするに当り事前にに必要な知識、実践的なスキルを紹介いたします。
きっとすぐにでも役に立つはず。
生活に欠かせないあれやこれ。
田舎暮らしの説明書です。

自給自足のススメ
自給自足と意気込んでも、生活にかかわる全てとなるとなかなか敷居は高いです。
まずはできる範囲からコツコツと行っていきましょう。
そしてコツとしてはその土地の気候を生かす、というところにあります。
農作物の栽培はもちろん、地域の自然を活用して山菜取りなどもいいでしょう。
また、イチジクやアケビ、野いちごなどでジャムなどを作るのもいいのでは?
こういった地の利をいかした自給自足は地域の方々が詳しいはず。
色々と教わったり一緒に山へ山菜取りなど、地域の方々との交流も同時に楽しめるのは田舎暮らしならでは。
住みたい地域の設備・住環境を確認する
都会と田舎では自然環境も違いますが、町としての設備もだいぶ違います。
携帯電話も電波が入るのが当たり前、ではなくなったりもしますし、下水があるのが当たり前というわけでもないのです。
田舎暮らしをする前に、地域の環境や設備をしっかりを確認し、準備をしていきましょう。
また、重要なのは医療機関です。
特に持病などをお持ちの場合は近くに自分の持病を診てくれる医者があるかどうかを確認しておきましょう。
住んでから「知らなかった・・」では遅いこともあるのです。
地域から学ぶ
田舎暮らしといえど、知らない土地に移り住むわけですから人見知りをしがちな方にとってはなかなか地域に打ち解けるのにも苦労する場合もあるのでは。
しかしやはり地域のことはその地域の方から学ぶのが一番の近道なのです。
地域の特産、気候の特徴、祭事、四季の楽しみ方など知らなければ損な情報は多いはずです。
一歩踏み出してしまえばきっと楽しい田舎暮らしが待っているはず。
ぜひ、地域の方々との交流を楽しむよう心がけてみましょう。
都会と田舎のギャップを楽しむ
都会と田舎では日常当たり前に思っていることもまったく違うことが多々あります。
例えば、食生活。
定番の家庭料理として、いなごの佃煮が出てきたりなんてことは都会ではまずありえないですよね。
また、定番のお味噌汁も地域で違いますね。
北海道なら三平汁といって昆布だしの魚介入り。
宮崎県の冷汁は夏にオススメの冷たい汁物。
こういった違いを楽しめるのも田舎ならではですね。
また、方言はもとより地域の祭事などではその土地の特徴が如実に表れます。
秋田のなまはげなどは代表格といったところではないでしょうか。
都会にはない祭事独特のあふれる熱気、感じる歴史。
ぜひ意欲的に参加してみてはいかがでしょうか。